'; ?> 患者さんの権利・個人情報保護|独立行政法人 労働者健康安全機構 浜松労災病院  

輸血拒否に関する当院の方針


 当院では、輸血を行わずに治療ができるよう最大限の努力をしております。
 しかし、輸血によって救命・生命維持ができる可能性があると医師が判断した場合には、 輸血を実施するという方針で対応させていただきます。(いわゆる「相対性無輸血」)。
 ご理解・ご協力をお願いいたします。

 「相対性無輸血」とは、患者さんの意思を尊重して可能な限り無輸血治療に努力するが、 「輸血以外に救命手段がない」事態に至ったときは輸血をするという立場・考え方です。