'; ?> セカンドオピニオン外来|独立行政法人 労働者健康安全機構 浜松労災病院  

セカンドオピニオン外来について
・肝臓、胆のう、膵臓疾患外来開設  ・実施診療科及び対象疾患名  ・実施時間帯
セカンドオピニオン外来(外来相談)のご案内
 
 セカンドオピニオン外来は他の医療機関に受診されている患者さんに対し、診療内容や治療法に関して当院医師が意見・判断をいたします。その意見や判断を患者さん自身が治療の際に参考にしていただくことを目的としております。セカンドオピニオン外来は、地域医療連携室が受付窓口となり、完全予約制で、現在の主治医からの診療情報等に基づき次ぎの方針で開設いたします。

 
受診について

1)完全予約制です。医療機関からのお申し込みを対象とさせていただきます。
2)患者さんご本人の相談を原則としています。
 ご家族の方でも相談可能ですが、その場合は患者さんの同意書が必要となります。
3)相談は専門の医師が担当し、相談時間は約30分を目安としています。
4)実施診療科対象疾患名と実施時間帯は別表1のとおりです。
5)患者さんからのお話や主治医の先生からの紹介状・資料の範囲で判断することになりますので、新たな検査や治療は行いません。
6)相談結果は必ず主治医に報告します。
7)次のような場合は、外来相談を受けることができません。
  ★ 当院での治療、および当院への転院を希望される場合
  ★ 主治医に対する不満、医療訴訟、裁判係争中に関する相談
  ★ 治療後の良し悪しの判断を目的とする場合
  ★ 死亡した患者さんを対象とする場合
  ★ 医療費の内容、医療給付等に関する相談
  ★ 主治医が了解していない場合
  ★ 相談に必要な資料(検査データ、レントゲンフィルム等)を提供できない場合


料金
 
30分で10,800円(税込)となっています。
(ただし、最大30分までの延長を行った場合は5,400円の追加料金となります)
健康保険は適応外となりますので全額自己負担となります。

予約受付時間

月曜日~金曜日  9:00 ~ 16:00

申し込み手順

 
1.医療機関より地域医療連携室(053-411-0366)へお電話ください。手続きについて説明いたします。「セカンドオピニオン外来申込書」をご記入いただき、現在おかかりの主治医の先生に作成いただいた「診療情報提供書II」とともに地域医療連携室へFAXしてください。
ご本人が来院できない場合は「セカンドオピニオン同意書」もお願いいたします。
申込書はご連絡いただければ、医療連携室から送付いたします。
2.FAX受信後、相談日程の調整をいたします。
3.相談日時が決まりましたら、セカンドオピニオン予約券をFAXいたします。
4.相談者へ以下の書類をお渡しください。
   ■ 診療情報提供書、資料(相談に必要な検査データ、レントゲンフィルム等)

   ■ セカンドオピニオン外来予約申込書(患者様用)  (PDF)
   ■ セカンドオピニオン外来予約券  (PDF)
   ■ セカンドオピニオン同意書  (PDF)(相談者が家族の場合)
5.相談当日には4.に加えて以下のものを持参していただくようにご案内お願いいたします。
   ■相談者本人であることを証明できるもの(運転免許証、保険証、パスポート等)

※PDFファイルをご覧になるには「Adobe Rreader」が必要です。
Adobe Rreaderはこちらからどうぞ AdobeReaderのページへ