'; ?> 中央放射線部|独立行政法人 労働者健康安全機構 浜松労災病院  


マンモグラフィ(乳房撮影)


浜松労災病院では乳がん検診のご予約を随時受付中です
  乳がん検診は事前予約制です。ご予約・お問い合わせは医事課健診係へ
TEL: 053-462-1211

検診内容
A認定女性技師によるマンモグラフィ検査
A認定乳腺外科医師による視触診・結果説明

検診実施日
月曜午前・水曜午後・金曜午後
他に年に3~4回の休日乳がん検診を実施しております。
休日の検診の日程が決定いたしましたら、労災病院ホームページ、放射線部ホームページなどでお知らせします。

費用
・自費の方は5940円(税込)
・浜松市発行のがん検診受診券をお持ちの方は1600円
・70歳以上でがん検診受診券をお持ちの方、および無料クーポン券をお持ちの方は無料です

以下に該当する方は、マンモグラフィによる検診をお断りしています。ご了承ください。
・シリコンやヒアルロン酸注入、豊胸術をされている方
・妊娠中の方、または妊娠の可能性がある方
・ペースメーカー装着者
・脳室ドレナージチューブ(V-Pシャント)施行者

以下に該当する方は、予約時にお申し出ください。
・授乳中の方
・抗凝固薬や抗血小板薬(血を固まりにくくする薬・サラサラにする薬)を服用中の方

マンモグラフィ撮影にあたる女性スタッフ
  私たち、マンモグラフィ撮影技術A認定を取得する女性技師が撮影にあたっています。 撮影前には、撮影の仕方、圧迫の必要性などについて説明させて頂いています。検査について気になる事がございましたら、 遠慮せずご質問下さい。

マンモグラフィ
  乳房X線撮影のことをマンモグラフィと呼んでいます。
マンモグラフィは、乳がんをはじめ、乳房にできるさまざまな病気を見つけることができます。 触診では発見が難しい小さなガンを描出することもできます。 また、健康な乳房の状態を撮影しておくと、以前の写真と比較することで乳房組織の微妙な変化がわかります。
マンモグラフィは、胸部X線撮影検査などと原理は全く同じです。乳房にX線を当てそのX線の吸収の差を写しだすものです。 しかし、乳房は全体に柔らかい組織で吸収差が少ないため乳房専用の装置を使う必要があります。

撮影のしかた
通常は、乳房は片方ずつ体に対して上下方向と斜め左右方向の2つの方向を透明な圧迫版ではさんで撮影します。

どうして圧迫するの?
乳房は場所により厚みも異なり、そのまま撮影すると乳腺や脂肪、血管などとかさなり乳房に変化があっても正確に像を写し出せないことがあるからです。 圧迫により、乳房内部の様子を鮮明に写し出すことができ、さらに検査に使用されるX線量も少なくすることができます。 圧迫により感じ方は人により様々ですが、痛みを伴う事があります。 生理から一週間くらい後、乳房が柔らかい時期に検査を受けると圧迫による痛みが少しでも和らぐといわれています。 また、撮影に際して肩の力を抜き、リラックスした状態で撮影させて頂く事で痛みを和らぎ、診断のつきやすい画像が得やすいと考えられます。

当院では少しでもリラックスして頂けるよう、マンモグラフィ撮影技術A認定を取得する女性技師が撮影にあたっています。

乳がんは年々増加傾向にあり、現在では12人に1人の割り合いで乳がんが見つかっていますが、早期に発見すれば治りやすい病気でもあります。

乳がん検診の所要時間はどれくらい?