治療就労両立支援


治療就労両立支援(脳卒中分野)について  治療就労両立支援(がん分野)について

 当院では、働く人がやむなく治療せざるを得ない状況になった場合、その方の就労に関する支援を行っております。
 「病気」に罹患された方が仕事を続ける際にお困りの事や悩み事がある場合、専任のコーディネーターやリハビリ技士などがサポートさせていただきます。
 料金は「無料」ですので、お気軽にご相談ください。


受付

担当ソーシャルワーカー
場所1階 ⑦番窓口
受付・相談時間 月曜日~金曜日 (8:15~17:00)
連絡先053-462-1211(代)

 治療就労両立支援とは(注;労働者健康安全機構HPへ移動します)


治療就労両立支援(脳卒中分野)について
急性期治療から復職に至るまで一貫した支援を提供するため、身体機能の評価、職業情報の収集を行い、 転院先(回復期リハ病院等)にも復職に必要な治療を継続するための情報提供を行っています。
事業場・家族等との連携により復職方法(現職復帰・配置転換等)の検討を行っています。
医師、復職コーディネーター、リハビリ技師、社会福祉士等が中心になり職場復帰支援をしていきます。


治療就労両立支援(がん分野)について
患者さんの病状、経済状況、就労状況等により、患者さんの不安・悩みや事業場の懸念事項の解消を図ります。
医師、復職コーディネーター、看護師、薬剤師、社会福祉士等が中心になり職場復帰支援をしていきます。
がん患者さんはがんの種類にもよりますが、フルタイムでの職場復帰率は約62%となっています。 当院では乳がん、肝がん、大腸がんの患者さんの職場復帰をサポートしています。